Untitled(仮)

Oct 19

untitled by McCOCK http://flic.kr/p/p9EW6r

untitled by McCOCK http://flic.kr/p/p9EW6r

“成果を出せる人の行動特性 「デッドライン」の時間をはっきりと意識して、逆算して予定を立てる。
 成果が出ない人の行動特性 「やるべき作業」を積み上げていくかたちで、予定を立てる。” — 同じ条件、同じ時間で10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人 / 鳥原隆志 (via ebook-q)

(via yasufumic)

“最近、若い男のスポーツ選手や芸能人がテレビ等で泣くと、「男のくせに直ぐに泣く」と批難めいてよく言われることがある。しかし、築地の料亭でもそうであったように、明治の男は実によく泣いた。純粋な感激性を持っていたのだろう。持てない現代人の我々の方が、むしろ反省すべきなのかもしれない。あるいは感激性を持てるような仕事が、現代の日本には不足しているのかもしれない” — 日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち― / 板谷 敏彦 (via ebook-q)

(via yasufumic)

domsebastian:

DOM SEBASTIAN

domsebastian:

DOM SEBASTIAN

(via oscob)

(Source: kusonikomi, via samedesire)

(Source: pah-pah--wiss-key, via oscob)

pricebullington:

Price Bullington, Immortality, 2013

pricebullington:

Price Bullington, Immortality, 2013

日本人「やっぱり時代の寵児はシンガポールだね!直近も15%成長なんてすごいね。日本からも資産家が移住している」

シンガポール人「逆だろ。日本人になりたいシンガポール人の方が多いよ。日本は固有の文化があるし、四季もある。シンガポールは狭いし、常夏だし、表現の自由もないし。世界中で“明るい北朝鮮”って揶揄されていること知っているよ。規制もいっぱいで堅苦しい。リークワンユーがいなくなったらどうなるかわからない。英語の公用語化はよかった。これで世界へ脱出できる!」

” — “自虐”日本に驚く世界のエリートたち ――日本人の自国批判で傷つく人も|田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」|ダイヤモンド・オンライン (via gkojax)

(Source: jinon, via deli-hell-me)

“国の少子化対策が出産後ばかりなのに疑問を持った。愛情を交わす心の余裕がない社会環境を変えることに重点を置き、説得力を出した。” — チームは黒岩亜紀古さん(18)、岩永美奈子さん(18)、大石佳奈さん(18)。「ラブラブ3倍パック」というテーマで、忙し過ぎる現代社会で夫婦がコミュニケーションを取る時間を増やすため、国が職場や交通機関に対策を義務づけることを提示した。
現代の男性の精子が3分の1に減った研究データに対し「夫婦が3倍愛し合えば解決する」とシンプルに発想。共働き夫婦の休暇同時取得を実現する「なかよしバケーション」、週2日は残業を禁止する「早くあいたいデー」、既婚者が疲れず早く帰れる専用車両の「おかえり快速導入」などを提案。愛を深める環境をつくるよう勧めた。
3人は「国の少子化対策が出産後ばかりなのに疑問を持った。愛情を交わす心の余裕がない社会環境を変えることに重点を置き、説得力を出した」と話した。
(via 「精子3分の1なら3倍愛し合って」少子対策提言 有田工3位/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの) (via tsukamoto) (via pdl2h) (via kml) (via lunaryue) (via gkojay)